チャレンジド第一号T君のぷれジョブ12月27日

遅ればせながら明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

12月27日、とうとうチャレンジドT君最後のぷれジョブの日です。

小雨降るなか、「第16回ぷれジョブ始めます!」とT君元気に挨拶できました。

骨折から復帰してからのT君の仕事ぶりは、本当に目を見張るものがあります。

一回にたばこを補充する数は、最近2つ分くらいだったのですがこのところ一回に4つ分の見本を持って在庫棚まで向かうようになりました。これはT君にとって、とても上達したことなのです。

一回に4つ分の在庫の数を憶える…最初のころには考えられない数です。もちろんサポーターの声かけも必要なのですが、4つ分の見本のたばこを混乱せずエプロンにひとつずつ確認しながらポケットにしまいます。商品ですから落とさないよう丁寧に。

__ 2

また在庫棚で補充すべきたばこを探す際は、以前よりずっと早く見つけ出すことができるようになっています。すぐに見つけることができると「いっぱつーー!」と嬉しそうに言います。一発ですぐに見つけられたよ!ということです。こちらも、その都度、「すごいね」と褒めながら進めていきました。

__ 1

補充する数が多く、販売機ひとつ全部は終わらせることはできなかったものの無事仕事を終えることができました。

ぷれジョブの後、最後ということでT君、事業者のOさん、T君のお母さん、サポーターのKさん、同じくサポーターのHと5人でお茶をし、T君の成長やぷれジョブについて話しました。

T君が明るくまたやる気があったから最後までできたこと、迎い入れる側の事業者もチャレンジドにかかわりながら仕事をやってもらい、徐々に任せていったことがよかったということ。またサポーターは焦らずゆっくりと待つ気持ちが大事ということ。そして、ひとつひとう積み重ねていけば出来るようになる、ということをT君に見せていただきました。

ぷれジョブ、それにかかわる方々、T君、に出会えたことをこころから感謝します。9か月間、本当にありがとうございました。

サポーターH